いつかのあのとき

 
プラセンタとは、哺乳動物の胎盤のことです。

プラセンタ(胎盤)の効能は昔から世界中で注目されており、特に滋養強壮や若返りの薬として珍重されてきました。
プラセンタを併用すると、プラセンタに含まれる上皮細胞増殖因子や線維芽細胞増殖因子など、成長因子が、ステロイドにより破壊された皮膚の再生を促進してくれます。
プラセンタは、生命を育てるための大切なはたらきを所有しています。

プラセンタ治療


ラセンタ治療を受ける上で知っておかなくてはならない大切なことは、日本赤十字の献血において、ヒトプラセンタの身体の内側投与経歴者の献血が制限していることです。効果を得るために6〜12ヶ月間以上継続して摂取することが望ましいと思います。
治療を受けた患者さんの肌の状態が改善したことと言うことで、美容皮膚科で取り入れられるようになりました。馬由来のものよりもリーズナブルであることが評判の秘密のようです。
日本国内での使用は多くないものの、海外から輸入しているプラセンタ製品のなかにはヒツジを由来としている製品も多く有ります。