自然災害トップページ|ハザードマップ

002.jpg

自然災害

自然災害とは、危機的な自然現象のことをいいます。
たとえば火山噴火によって、人命や人間の社会的活動に被害が生じる現象をいいます。

日本の法令上では「自然災害は」「暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害」と定義されています。

単なる自然現象が、人的被害を伴う「自然災害」に発展したり、災害が拡大してしまうのは、現地の社会条件が大きな影響を及ぼすからです。

社会のもつ脆弱性(災害に対する弱さ)は防災計画がなかったり、適切な危機管理がされていなかったりすることでさらに大きくなります。
人的被害、経済被害、環境に対する被害が大きくなります。

最終的な被害の大きさは、被害者を支援し災害拡大を抑えるための人員の数や、災害からの回復力の大きさに関わってきます。

もし天変地異などの「自然現象」が起こったとしても、その場所に脆弱性がなければ、「自然災害」が起こることはありません。

その環境に人間活動も社会もなければ、自然現象は単なる現象にしかすぎません。
自然災害は、人為的な原因による災害(人災)に対して、天災とも呼ばれます。

ナチュラル・ハザード(自然現象による危機)は、人間社会や環境に対して否定的な影響をもつ現象が起こる脅威をさします。
そして、ナチュラル・ハザードの多くは連続的に起こります。
たとえば、地震は津波を起こして、干ばつは飢餓や失病を起こします。

ハザードマップ

ハザードマップとは、自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したものです。
予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲、被害程度、避難経路、避難場所などの情報が既存の地図上に図示されています。

ハザードマップを利用することで、災害発生時に住民などは迅速・的確に避難を行うことができます。
また、二次災害発生予想箇所をされることができるので、災害による被害の低減にあたり非常に有効です。

日本では、1990年代より、防災面でのソフト対策として作成が進められています。
自然災害が相手なので発生地点や発生規模などの特定にまで及ばないものも多く、また予測を超える災害発生の際には必ずしも対応できない可能性もあります。

掲載情報の取捨選択、見やすさ、情報が硬直化する危険性などの危険性などの問題も合わせて試行錯誤が続いています。

このほか、特定の災害を対象とせず、避難経路や避難場所、防災機関等の情報を表した地図を「防災マップ」と呼ぶことがあります。

住宅・不動産・リフォームの総合住宅サイト【住宅.com】


住宅.comは住まいに関する総合住宅サイトです。新築・リフォーム・税金・法律を知りたい方はこちらをご覧ください。情報満載!エリア別になっているので、スピーディーな検索が可能です。


埼玉、千葉、神奈川の太陽光発電専門店

So-Eneソーラーエネルギーショップは、太陽光発電メーカーの一次代理店です。アフターフォローにも力を入れ、お客様に安心と満足いただけるものをご提供させていただいております。現在埼玉県さいたま市、千葉県松戸市と、神奈川県川崎市に支店を設けています。


オリジナルホームページで信頼性アップ!【ホームページナビ】

ホームページナビでは、面倒なホームページの更新も自社で簡単に変えたい時に変えられ、経費・時間の節約が可能になります。さらにオリジナルデザインのため、お客様からの会社の信頼度も上がり、お客様から得られる評価も高くなります。