面接の心得


  HOME
面接の意味
面接当日までの準備
出掛けるその前に
姿勢・マナー・言葉づかい
面接官に対する姿勢
ネガティブな言葉
リンク集
リンク集2
リンク集3
10 リンク集4

面接の段階

  面接の意味

Web応募は24時間いつでも応募が可能で、電話のように連絡の時間帯によって相手に迷惑をかける心配も無いので、非常に便利である。しかし意味合いは電話での応面接、それは言わば「試験」だ。雇う側が「その人を雇うことが妥当かどうか?」をテストする場なのだ。 詳細はこちら


  面接当日までの準備

度自分の書いた履歴書やエントリーシートを読み返しておこう。
面接官はたいていの場合、履歴書やエントリーシートに従って質問を投げかけてくる。自分の書いたものを読み返しながら、頭のなかで面接のシミュレーションをしておこう。同時に、面接を受ける会社の入社案内などの資料に目を通しておこう。 詳細はこちら




  出掛けるその前に・・・

営業職などの面接ではスーツ着用が基本だが、一般的にはほどんど日常の私服で問題はない。考え方としては、服装でプラス評価されることはない。逆に言えば「マイナス評価されない服装なら何でも良い」ということだ。
詳細はこちら




  姿勢・マナー・言葉づかい

面接は礼儀作法の試験ではないので、必要以上に堅くなる必要はない。姿勢やマナー、言葉づかいを気にするあまり、ガチガチに緊張してしまうのは、かえってみっともない。そんなふうにならないための方法はただ一つだけ。それは普段から面接時と同じ姿勢、マナー、言葉づかいを心がけることだ。 詳細はこちら




  面接官に対する姿勢

面接官の質問に答えるときに、下を向いたまま話したり、面接官から顔をそらして話す人がいる。そういう態度は自信がないように見えたり、ひどい場合はマニュアルの丸暗記ではないかと勘ぐられたりする。答えるときは正々堂々と面接官の目を見て話すようにしよう。 詳細はこちら




  ネガティブな言葉は絶対に使ってはいけないというわけではない

面接官の質問に対してとっさに答えられないときに、ただ黙って考え込んでしまう人がいるが、それは逆効果だ。「正直に言いますと、そこまで深く考えていなかったので、ちょっと混乱しています」とか、「なるほど、そういう考え方もあるんですね。

詳細はこちら

google apps

Copyright (c) 2013面接の心得. All Rights Reserved.